MENU

審美歯科|湯島駅から徒歩0分の歯医者 - 湯島おとなこども歯科・矯正歯科

Cosmetic Dentistry

審美歯科

Cosmetic Dentistry審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

当院の審美歯科診療では、美しい口元を作ることを目的としています。例えば、口の中に金属がちらちら見えるのがコンプレックスとなって思いっきり笑えない、笑った時に歯並びや歯茎が気になって人前で大きなお口で笑えない、といった場合です。口元のコンプレックスを取り除き、口元に健康と美をもたらす審美歯科は、いつまでも健康的で美しくありたいと願う方のための歯科治療です。
そのため、湯島おとなこども歯科・矯正歯科では一時的な美のみの追求ではなく、その後の歯や歯茎の健康の維持にも尽力しております。

その為の選択肢として、コンポジットレジン充填、ラミネートべニア、セラミッククラウン、ホワイトニング、歯科矯正、PMTC、歯肉切除などから最適の手法を組み合わせて提供していきたいと考えております。

治療法のご案内

患者さまにあった治療の選択をご案内します。

ラミネートべニア

ラミネートべニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をごくわずかだけ削って、歯の色をした薄い板を貼り付けて見かけを改善する方法です。ラミネートベニアは表面を0.3~0.5mmだけ削れば良いので、処置が簡単で、歯の神経にも影響はありません。

適応・おすすめできる方
  • 前歯の色が気になる方
  • 前歯の形が気になる方
  • すきっ歯の方
  • 前歯がガタガタの方
  • 短期間で前歯をきれいにしたい方

当院でご案内できるセラミック素材

クラウン(被せ物)について

セラミックの
素材名
オールセラミック
オールセラミック
ジルコニア
オールセラミック
オールセラミック
メタルボンド
メタルボンド
ハイブリッド
セラミック
ハイブリッドセラミック
見た目
(白さ:審美性)
非常に優れてる 単体の透明感がないため、奥歯での使用をお勧めします 自然な白さがあるが、透明感はオールセラミックほどはない 色調や透明感はセラミックより劣ります
メリット
  • 審美性に優れている
  • 汚れが付着しにくい
  • 強度的に優れている
  • 審美性に優れている
  • 汚れが付着しにくい
  • 中が金属のため耐久性がある
  • 自然な白さがある
  • オールセラミック程ではないが、天然歯に近い透明感がある
デメリット
  • 衝撃に弱く欠けやすい
  • 衝撃により欠けることがある
  • 裏から見ると金属が見える
  • 金属のためアレルギーの方は注意が必要
  • 長期間の使用で変色することがある
  • かみ合わせによっては適用
耐久性
セラミックの素材名
オールセラミック
オールセラミック
見た目(白さ:審美性) 非常に優れてる
メリット
  • 審美性に優れている
  • 汚れが付着しにくい
デメリット
  • 衝撃に弱く欠けやすい
耐久性
セラミックの素材名
ジルコニアオールセラミック
オールセラミック
見た目(白さ:審美性) 単体の透明感がないため、奥歯での使用をお勧めします
メリット
  • 強度的に優れている
  • 審美性に優れている
  • 汚れが付着しにくい
デメリット
  • 衝撃により欠けることがある
耐久性
セラミックの素材名
メタルボンド
メタルボンド
見た目(白さ:審美性) 自然な白さがあるが、透明感はオールセラミックほどはない
メリット
  • 中が金属のため耐久性がある
  • 自然な白さがある
デメリット
  • 裏から見ると金属が見える
  • 金属のためアレルギーの方は注意が必要
耐久性
セラミックの素材名
ハイブリッド
セラミック
ハイブリッドセラミック
見た目(白さ:審美性) 色調や透明感はセラミックより劣ります
メリット
  • オールセラミック程ではないが、天然歯に近い透明感がある
デメリット
  • 長期間の使用で変色することがある
  • かみ合わせによっては適用
耐久性

オールセラミッククラウン

オールセラミック

いわゆるセラミックを使って作った被せもののことを指しています。セラミックとは陶器のことで、陶器を素材に作った人工の歯のことです。
セラミックを使用した被せ物には、その他にもメタルボンドクラウンやハイブリッドセラミッククラウンなどがあります。しかし、セラミックだけでなく、金属やプラスチックなども使用しているため、オールセラミッククラウンのように透明感のある自然な色調を回復することは困難です。天然歯と比べても遜色ない審美性を求める場合には、オールセラミッククラウンが最も優れていると言えるでしょう。

オールセラミッククラウンのメリット・デメリットについて
メリット
  • 審美性に優れている
    透明感やツヤを出し、自然な色調を回復できます。
    そのため、審美性が特に求められる前歯の治療に適しています。
  • 汚れが付着しにくい
    セラミックは汚れが付きにくく、変色しにくい特徴があります。時間が経っても高い審美性を維持しやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。
  • 金属アレルギーの人でも安心
    金属を使用しないので、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
デメリット
  • 衝撃に弱く欠けやすい
  • セラミックには、衝撃によって欠けやすいというデメリットがあります。

ジルコニアオールセラミッククラウン

ジルコニアオールセラミッククラウン

ジルコニアとは、セラミックの一種ですが、白いメタルとも呼ばれ、通常の歯科用セラミック(陶材)よりも強度に優れた材料です。
ジルコニアオールセラミッククラウンとは、外側に従来の歯科用セラミックを使用し、内側にジルコニアを使用したクラウンのことを言います。後で紹介するメタルボンドでは、内側に金属が使用されていますが、ジルコニアオールセラミッククラウンでは、内側に使用されるジルコニアにより外側のセラミックが補強されています。

ジルコニアオールセラミックのメリット・デメリット

ジルコニアオールセラミッククラウンでは、上記のオールセラミッククラウンのメリットに加え、強度的に優れており、力がかかる奥歯にも使用できます。しかし、セラミックですので、衝撃により欠けることはあります。
また、最近では外側に歯科用セラミックを使用しない、ジルコニアのみ(単体)で作られるフルジルコニアクラウンもあります。

ジルコニアは強度的には優れているため、破折のリスクは少なくなりますが、ジルコニア単体では透明感がないため、前歯には使用せず、奥歯で使用されることが多いです。

オールセラミッククラウンと他の種類のクラウンとの比較

メタルボンド

メタルボンドクラウンとの比較

メタルボンドクラウンとは、外側にはセラミックを使用し、内側には金属を使用したクラウンのことを言います。金属が使用されているため、金属アレルギーの人は使用できません。また、歯肉が痩せてくると、根元の部分に金属が露出することがあります。当院ではおすすめはしておりません。

ハイブリッドセラミッククラウンとの比較

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミッククラウンとは、プラスチックとセラミックを混ぜた材料です。上記のオールセラミッククラウンやメタルボンドクラウンよりも費用を抑えることができます。セラミックより衝撃に強く欠けにくいというメリットがありますが、色調や透明感などの審美性には劣ります。また、ハイブリッドセラミックは、セラミックよりも汚れがつきやすく、長期の使用により変色しやすいというデメリットがあります。

セラミッククラウン治療の流れ

  1. カウンセリング・精密検査

    ご希望を伺いながら、治療についてのご説明を行います。銀歯をセラミックに変えたい患者さま、クラウンを作り直したい患者さまの場合には現在被せてあるクラウンの下でむし歯が進行していないかを確認して必要に応じて治療を行います。

  2. 歯の形成(「コア」の設置)

    「クラウン」とは、被せるタイプの修復物のことを言います。患者さま自身の歯が残っている場合には、クラウンの土台として使用するため、削って形を整えます。歯が十分に残っていない場合や歯の神経が失われている場合には、「コア」と呼ばれる人工の土台を用意し、その上にクラウンを被せます。
    「コア」にも金属を使用したもの、グラスファイバーのものなど種類があり、素材によって値段や審美性・耐久性が異なります。

  3. 仮歯の装着

    噛み合わせや歯茎の状態を安定させるために、仮歯を装着して様子をみます。被せ物と歯の境界部分の適合性(段差がなく滑らかかどうか)は長い目で見た時の歯の美しさに影響します。歯茎が健康で被せ物がまるで自分の歯のように立ち上がって見えるよう調整を行います。

  4. クラウンの型取り・作製

    患者さまの患部の型取り・噛み合わせの確認を行いクラウンの作製にかかります。この段階でいかに精度の高い修復物を作れるかが歯の美しさに影響します。

  5. クラウンの設置

    完成したクラウンを設置します。クラウンは歯やコアに接着されますが、接着前には最終調整を行っていきます。歯茎などの歯周組織の安定を見て治療が完了します。